HITORIGOTO
 TOP | HITOIRIGOTO | GALLERY | EXHAUST NOTE |  F.T.W.  | HAIKION-DOUGA |  DOUGA  |  LINK  


もっと自由に、もっと遠くへ

みなさん既にお気づきかと思いますが、このサイトはブログではなくホームページ
として公開しています。それはここに掲載する全ての事が日記の様な日々の出来
ごとみたいなものではなく、心が大きく動いたこと、記録として残したいこと、情報
として皆さんと共有したいこと。こんな事に限ってアップする様にしています。

ですので、更新頻度は凄くスローになってしまいます。これは無精者の私には
ピッタリですが、昨今巷のブログに慣れ親しんでいる皆さんにちょっと物足りない
かもしれません。しかし、記載する内容は前述の様な内容ですので過去の情報で
あれ多少なり皆さんの参考となる物もあるかもしれませんの。お暇な時には少し
過去の物も覗いてみてくださいね。

ですが、今日はまるでブログの様なひとりごとを書いてみようかと思います。
ページタイトルの「もっと自由に、もっと遠くへ」の意味ですが話は初めて乗った
バイクの話題にさかのぼります。
私が人生初に手に入れたバイクはSUZUKIのハスラー50でした。

オフロード競技が好きであった訳ではなく、形に憧れた訳でもありません。
少年の頃、淀川という大きな川が近くにあり、この川を下って行けば海に出れる
のだろうか、この大きな川のあの向こう側にはどんな世界が広がっているのだろ
うかと、自転車をこぎどこまでも走り続けた事があります。みなさんもきっと同じ
様な経験があるんじゃないですか(^^)?

きっとその頃の経験からなのでしょうか。舗装されていまいが、石ころばかりの
場所であろうが、道無き道をどこまでも。自分の心の赴く方向へ…
そんな冒険心をくすぐる乗り物がオフロードだったんです。

時は流れて今はアメリカンバイク。スタイルは変われどバイクに跨ればあの頃の
気持ちが甦ります。
実は、最近F.T.W.に参加頂いたjillさんが私と同年代なのですが、敬愛するアー
ティストも同じ、好きな音楽も同じ、その上同じようなスポーツまでやっていた事が
分かり、そして今アメリカンバイクで繋がるという偶然。
(オーラの○の江原さん風に言うと必然という事になるのでしょうか(笑)
彼との出会いも初めてバイクに乗ったあの頃を思い出させてくれるものでした。

人との出会いはバイクに限った事ではありませんがF.T.W.を通じ、世代や住んで
いる地域を越えて沢山の人と出会えることは、本当に素晴らしく感謝の気持ちが
溢れてきます。

大人になって車を手に入れると子供の頃とは行動範囲が違います。
淀川を下れば汚れた大阪湾に出ますし、川を越えると隣町があります。
バイクより車の方がはるかに行動範囲が広くなります。でも距離じゃないんです
よね。バイクは心を一緒に乗せて走らせてくれます。風を感じ、スピードを感じ
季節を感じながら、いつまでも走っていたいと、そう思わせてくれますよね。

もっと自由に、もっと遠くへ。

あ、そうそう。春にあるF.T.W.の記念すべき第一回ミーティングが楽しみです(^^)

- HITORIGOTO 更新履歴 -


copyright(c)2007 Go My Road All Right Reserved.