HITORIGOTO
 TOP | HITOIRIGOTO | GALLERY | EXHAUST NOTE |  F.T.W.  | HAIKION-DOUGA |  DOUGA  |  LINK  


友人がバイクを売った

最近友人がバイクを手放しました。
多分ハーレーを買う為なんだろうかなぁ?

一緒にバイクを見に行き、一緒に盛り上がって…
「おぉ!このバイク似合うじゃん!」
なんて言いながら選んだバイクなので、少しだけ寂しいような…
何か変な気分です。

まぁ、バイクから降りる訳じゃないので、別に大した話しではないんですが
そのバイクにはそれなりに思い出があります。

先にも書きましたが、一緒にバイクを見に行ったり、そのバイクで一緒に
ツーリングに出かけたりしましたので、な〜んとなく思い入れみたいなものが
あったり、なかったり。。

よくこんな話を耳にします。
「バイクや車をよく乗り換える男は、彼女もコロコロと乗り換える。」

私も若い頃を思い出すと…まさに言い得て妙。

どこか妥協して乗ってるんでしょうかね。女性もバイクも。
バイクなら何ら問題は有りませんが、女性なら随分失礼な話しです。
と言うか、娘を持つ父の立場からすると、自分の若い頃を棚にあげて、そんな
ゲスな男はぶっ殺してやりたい気持ちになりますw(おぃおぃ)

随分話が脱線しましたが、バイクも車も同じ物に永遠に乗れる訳ではありません。
いつか別れの時が来るでしょうし、それは故障が原因かも知れませんし、飽きて
しまった事が原因になるかも知れません。
ただ、一つ思うのは流行りには流さないようにしたいと思うことです。
流行りはいつか廃れます。
今流行のスタイルも、3年後には古臭いと感じるのが世の常です。

安い買い物ではありませんので、自分にあった末永く飽きの来ないスタイルを
見つけたいものですね。

昔、父がよくこんな言葉を口にしました。
「流行を追う者は流行りに追われる。」
まさしくその通りだと、この歳になって気付きました。
こんな流行遅れのスタイルのバイクに乗る管理人のサイトに、毎日100人以上の
人が来てくれます。
フリスコなら?So-Calなら?もっと人が集まってくれるかも知れませんね(笑)
でもまぁ良いんです。これで。あくまで私の趣味のサイトですし、それを気にいって
下さる人が来てくれるなら私は続けたいと思っています。
いつか私もバイクを乗り換える日が来るかもしれませんが、その時は
このサイトとバイクごと、二代目KOIZUMI襲名を誰かにお願いしようかと
思ったり思わなかったり…(笑)
- HITORIGOTO 更新履歴 -



copyright(c)2007 Go My Road All Right Reserved.